個別記事
ホーム > 記事詳細

サトノノブレス有馬で大外から伸びるも11着まで

メジロ通信 2014年12月28日(日) 20時57分

 28日の中山10R有馬記念に出走したサトノノブレス(牡4、池江、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ)は、道中後方からレースを進めると、直線で大外に持ち出して伸びてきたものの、前の馬には届かず11着に敗れました。

 サトノノブレスは大外からジャスタウェイに次ぐ伸び脚を見せましたが、やはりスローの流れでは位置取りが後ろ過ぎました。11着でも勝ち馬とは0.6秒差と力は見せており、来年の更なる活躍が期待できる走りでした。