個別記事
ホーム > 記事詳細

サトノノブレス一旦先頭も押し切れず2着 金鯱賞

メジロ通信 2014年12月8日(月) 23時42分

 6日の中京11R金鯱賞に出走したサトノノブレス(牡4、池江、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ)は、中団から早目に仕掛けて、一旦先頭に立ったものの、さらに外から伸びてきた勝ち馬にかわされてしまい2着に敗れました。

 サトノノブレスは4番人気の支持ながらも早目の動き出しで、勝ち馬には結果的に捕えられてしまいましたが、このクラスでは地力の違いを見せつけました。勝てば有馬記念も見えてきましたが、次走は今のところ未定のようです。